中津川ジオサイト 中津川ジオサイト

大いなるものへの祈り-信仰の史跡

faith

15

いいでさんしんこう

飯豊山信仰

飯豊山信仰

飯豊山の登山道は、平安時代後期に山岳信仰を行う修験者によって開かれたと伝わっています。
やがて江戸後期には民間信仰が盛んになり、南東北全域から多くの参拝者が豊作祈願や成人儀礼のために訪れるようになりました。
江戸時代の記録によると、飯豊山の名前は飯豊青尊を祀る神社からきているとも、ただ単に雪をかぶる姿が飯を豊かに盛っている山に見えるからだとも言われています。
現在、飯豊山は東北のアルプスとも呼ばれており、ブナ美林や高山植物など美しい自然や豊かな植生で山頂を目指す登山者を魅了してくれます。

御秘所
御秘所(おひしょ)
御前坂より大日岳を望む
御前坂より大日岳を望む
飯豊山神社
飯豊山神社
飯豊山信仰 古木
飯豊山碑
飯豊山信仰 山道

飯豊山碑

姥権現
姥権現(うばごんげん)
飯豊山山頂
飯豊山山頂

お問い合わせ

飯豊町役場商工観光課

〒999-0696山形県西置賜郡飯豊町大字椿2888

TEL 0238-87-0523

お問い合わせフォームへ

飯豊町観光協会

〒999-0604山形県西置賜郡飯豊町大字椿1974-2
(JR羽前椿駅舎内)

TEL 0238-86-2411

お問い合わせフォームへ